Problems of Law in Taiwan during the
Japanese Rule(1895-1945)
 
                 
by Toichi ASHIDA
(1)
 When thinking of the law and the systems of Taiwan during the Japanese rule(1895-1945), it is a
rudimentary mistake to understannd it to be a part of modern Japanese law.
 This mistake is caused by a lack of basic understanding that that Law is one of the norms of 
human relations and power relations specific to the society. It is established on the basis of
various conditions. Without this point of view, it is impossible to search laws and systems of the
real society.
 Nevertheless, a lot of people claim this wrong understanding without hesitation. It is because
it is backed by popular political recognition.This understanding was trapped in a popular concept
without looking at the actual situation and legal basis of the real world.
 Since the concept is based on a popular sense, they rarely suffer criticism and so it is
widespread. This misconception that ignores the activities of real people, is a major problem. This
comes to incapability of understanding the activities of people who faced really serious problems.  
 We cannot call 'a research' the wrong recognition based on the vulgar political ideas. Since
Taiwan(1895-1945) was part of Japan territory or Japanese colony, laws enacted in Taiwan were
part of Japan Law. Such a simple logic, as I said above, is not acceptable. They have to notice
that this simple thinking insults people and society of Tawan. A base of the misunderstanding is
"mainland extension principle内地延長主義" that must be recognized as a rustic ideology of
invaders in the Taisho era(大正時代).
 Sometimes strict rules and regulations were actually enforced. It is to be understood that it was
established in dominance in the society. No one saiys that law itself, namely an idea, was
introduced from outside. However, naive idealism is still rampant.Then, it leads us to a place where
we cannot analyze all the laws in context of the time, under what conditions the law was
established, and what problem it has. If you consider the law or the systems of Korea and Taiwan
to be part of Japanese laws or Japanese systems, the analysis is not possible at all. Somehow,
people who say so are indifferent to it. This may be the reason why they are sometimes called
opportunists.
 Without knowing anything about real problems of the society, we must not depend on the idea of
popular political history irresponsibly. However, I must reflect that such false recognition is
rampant, as a result of my research delay.

(2)
 Such misconception may have been caused by the situation of Taiwan in 1895-1945. Taiwan was
transferred from Qing清to Japan in1895, and ruled by the Taiwan Governor's Office 台湾總督府
staffed mostly by Japanese bureaucrats. In addition, the laws in force in Taiwan were written in
Japanese. Consequuantly, a lot of people believe that they are part of Japanese law. It seems
they're thinking rather, they should say that the law of Taiwan (also law of Korea)was the law of
Japan.
 It is as if there were the laws of the Greater East Empire. There was the annoying absurd illusion
namely the Greater East Asia Co-Prosperity Sphere world 大東亜共栄圏. It was a disaster
outrageous for the people of East Asia.
 As mentioned earlier, this mistake of the recognition is made by people who do not know the laws,
people who do not understand what the laws are. As already mentioned, it is a simple and basic
mistake. It is rustic essentially therefore, is also a mistake quite stubborn and cumbersome.
 Naturally, if only there is basic recognition that law is an expression of power relations concrete,
and also an expression of human relations, immediately, it should be able to escape from the
illusion. In fact, in order to deepen the recognition, analysis of human relations and theorizing over
the typical power relations have been made through the history.
 From the nature of things, the law cannot exist alone. It is only a manifestation of one of society.
The laws of Taiwan under the rule of Japan, were Laws of Taiwan society of the time, nothing else,
for example, there was no such thing as law of Japan.
 Sometimes people use the term “colonial law.” What that expression means is only laws of the
land(Taiwan) or the society dominated by Japan. Problems caused by the words would be
conparatively less serious. However, speaking of colonial law, it could be seen from the colonial
suzerain, and considerd to be the laws of the subordinate land. To be specific, it could be engraved
as the Taiwan region version of the Japanese law. In fact, they described the laws in Korea and
Taiwan, often rather than the actual situation, as manifestations representing imperialist ideology
of Japanese Empire*.Such an idea, because of assumption of a vacuous Greater East Asia
Co-Prosperity Sphere world ideology, would be able to overlook the reality itself of the imperialist
invasion of pre-war Japan.
 From the Greater East Asia Empire View of the World, there is no sense in the first place in
doing research itself. At the same time, reality of domination and aggression could also be lost sight
of.
 Only by approaching the reality of society specifically, issues of society and age, the footsteps of
people that we must recognize, can be found.

"Legal Structure of the Colonial Empire Japan" edited by Toyomi Asano,Toshihiko Matsuda (Shin-Zan-Sha, March 2004),  
   "Legal Development of the Colonial Empire Japan" edited by Toyomi Asano and Toshihiko Matuda(Shin-Zan-Sha,June 2004).
 The titles themselves are strange enough.
 We do not consider Taiwan and Korea to be only part of state named "Empire of Japan" or"Empire." With "Empire", we
 associate the imperialism historical. We think empire and colony are inseparable. So, I think people who use the word “colonial
 empire”, do not understand the imperialism. Because they have no awareness of the imprialism, on the contrary, they cannnot
 understand nothing of the actual situation in Korea and Taiwan. They have now covered it with a net of rough ideology only.
  They incorporate the specific state of the land as one part of "Legal Structure of the Colonial Empire Japan" and "Legal
 Development."
  For example, in "Legal Structure of the Colonial Empire Japan", is there 'Customary law and colonial issues surrounding the
 girl deal of Taiwan society' written by Hong Yu Ju 洪郁如. Hong presented "養女・媳婦仔・査()某(媒)嫺,”and discussed  
 human trafficking and the issue of prostitution. Hong argues about the correspondence of the Qing government and also about
 the correspondence also Taiwan governor Office 臺湾總督府. Whether or not bring this together as part of the law structure of
 imperial Japan, it is necessary to discuss as a problem in Taiwan of Japan governance era. However, it is not only a problem of
 the legal structure of imperial Japan but, it is also a problem that the Qing government was also struggling.
  This is an example that shows a thing called Greater East Asia Empire Law understanding is strange.


(3)
 Before the Japanese army landing, many people imigrated to Taiwan from other regions, and it
had also experienced occupation by other countries. The Japanese troops landed Taiwan ceded
to Japan from the Qing based on Shimonoseki Peace Treaty. Taiwan was the territory of the Qing
until then, although in some areas Chinese language was not much used. 
 After Japanese troops landing, ‘the Temporary Taiwan Social Customs Research Council(臨時台
湾旧慣調査会)’ was organized. Two representative reports, "The Administrative Law of Qing清国
行政法 (all six volumes)" by Yorozu ODA 織田萬(chief), ​​Naoki KANO狩野直喜, Shigeru KATO加藤
繁,and "Taiwan Private Law台湾私法" by Santaro OKAMATSU岡松参太郎are well known. These
were kept as a source of law after the Court of Taiwan thought they were useful. That is why
these works represent considerably the legal reality of Taiwan at the time now. Recently I have
seen many of the studies on the East Asian region. I have the impression that those recent studies
are, with some exceptions, more recessive than the research in the Meiji era, both in attitude and
in accuracy. It seems to be caused by the Greater East Asia Co-Prosperity Sphere ideology.

 * However, in the case of "Taiwan Private Law," by definition there are some legal reconstruction. It is a point that we should
  be aware of.

 August 1992, I took part in Taiwan Governor's Office Document Investigating Comission台湾總督
府文書調査団(headed by Professor Yukio HIYAMA檜山幸夫) for the first time. It was planned
in Institute of Social Science, Chukyo University 中京大学社会科学研究所(director Professor
Kotaku ISHIDO 石堂功卓 at the time). Professor Toshizo UENO上野利三(Matsuzaka University at
the time)and Lecturer Shiro UENO上野史朗(Nagoya College of Business at the time) introduced
me to the Comission. We are members of Japan Legal History Association.
 Subject of the research study was documents of the Governor's Office of Taiwan most of which
were made by the Japanese bureaucracy, at Taiwan Province Literature Commission (current
Presidential Office Literature Hall). I was puzzled when I saw a part of the books. Because it was
titled "Criminal Registration 刑事登記." I have never seen thouse words in criminal proceedings of
Japan. It was a document that would never appear in the government of Japan, and I felt
uncomfortable with the type of offense,named "Brigand 匪徒". It was a crime stated by the
special law of Taiwan "Punishment Brigando Ordinance匪徒刑罰令". As I saw the execution record
goes on and on, I felt as if my feet were floating. Still, this is a thing that has been left as a record
of the Taiwan Governor-General.
 There was a crime of collecting ruffians 兇徒聚衆の罪 in the Japanese Criminal Law at the time.
This was later revised to the riot crime. Not a special law. In Taiwan, the riot crime both in the
Criminal Code and in "Punishment Brigando Ordinance匪徒刑罰令" co-existed. In addition, as
Lawyer Xie Bi Ren 謝碧連律師pointed out, special procedural law related to "Punishment Brigando
Ordinance匪徒刑罰令" was promulgated and enforced.
 By having these special statutes acts were present, Taiwan criminal law system was different
system from the criminal law system of Japan at the time. Profesor Hiyama showed me a
document titled "About Instruction Préparatoire of Crime of the Taiwanese and Chinese 「本島人
及清国人の犯罪予審に関する件」"at the Taiwan Province Literature Committee台湾省文献委員
会(at the time).
 It was a draft and enacted as The Ordinance No.9 in 1899(32.Meiji). The draft was bound up into
the book no.362(document no.6). When I saw it for the first time, I considered that I must tackle it
as "Taiwan" law finally.
 In Taiwan(1895-1945), though written in Japanese, its criminal law system was completely
different from that of Japan. However, as a matter of course, I noticed, things such as family
relationships specially, were not to be easily changed, even if Taiwan was ruled by Japan. Further,
in the field of property law, the presence of "Property of Rituals Public Sector祭祀公業" is big.
Moreover, in the Governor-General Court, it was one of the things about which many lawsuits
were filed.
 Although its publication was delayed somewhat, "Taiwan criminal law in the first half of the
Japanese occupation period" ("Law Journal " 74, it was in 2003-10) was the work that had
organized the study of Taiwan law history even though as gropingly, to some extent.
 After that, I was able to receive support and teaching from many people.such as Ms.Yang Xiao
Wen 楊孝文, Judge Xie Rui Long謝瑞龍法官, Lawyer Xie Bi Ren 謝碧連律師. For use in it, with a
delaymy research has not proceeded much, but I want to post the material and current situation
for the promotion of my reserch in the future.. (2012.12.30)


日本統治時代台湾法の諸問題
 
                               蘆 田 東 一

 日本統治時代(1895‐1945)台湾法を、日本近代法の一部として理解することは、法や制度を認識
するということにおいて、初歩的な間違いをしていることになる。
 その理由は、法というものが、その社会の具体的な権力関係や人間関係のものであるという初歩
的な認識を欠落しているからである。現実の法や制度を見ることができていないということでもある。
 にも係わらず、その間違った理解を躊躇することなく主張することができているのは、それが通俗
的な政治的認識に裏打ちされているからである。現実の社会の法的根拠や実態を見ずに通俗的な
観念に囚われた理解をしているのである。それが通俗的な観念であるだけに、逆に批判を蒙ること
も少なく蔓延しているという問題がある。
 現実の人々の活動を無視した誤解であるということは、大きな問題である。本当に深刻な問題に
逢着していた人々の活動を理解しえないということになるからである。
 その通俗的な政治的観念に基づく認識を研究ということはできない。そこは植民地だったから、あ
るいは日本領だったから、日本法だろうというのは、あまりにもその社会やその地の人々を冒涜した
言い方であるということに気が付かないといけない。その誤解の根拠とする大正時代の「内地延長
主義」など、侵略主義者の素朴なイデオロギーに過ぎないことを認識しなければならない。
 実際に強権的な法令が強行されている。それは、その社会での支配関係において成立したもので
あって、どこかの法自体が、観念が進出して行ったとは、誰も考え得ないであろう。ところが、法とい
う観念実体が存在するかのような素朴な観念論が未だに横行しているのである。そうすると、その時
の法が、どのような条件で成立し、問題を孕んでいたのかということを全く分析することが出来なくな
ってしまうのである。台湾や朝鮮の法や制度が日本のものだというのなら、その分析は全く不可能で
ある。そのように言う人は、どういうわけか、そのことにも無頓着である。オポチュニストと言われるこ
とがあるのは、このことかと思う。
 その社会の実際の問題を何も分からないまま、通俗的政治史の観念に、無責任に依拠していて
はいけない。しかし、そのような、誤認識が横行することは、私自身、自らの研究遅滞として、あるい
は自らにもあり得たこととして自省しなければならないところである。


 そのような誤解は、この時期の台湾は、清より日本に譲渡され、日本人官僚によって構成された
台湾総督府によって統治されてきたということから、また、その法の表現が日本語であることなどか
ら、未だに当然のように日本法と考えられている。というより、台湾の法は(そして朝鮮の法も)日本
法だと言わないといけないと思っているようである。
 こうした、いわば大東亜帝国法的理解は、大東亜共栄圏世界という、東アジアの人々にとって
は、とんでもない災厄である迷惑な幻想にとりこまれた幻惑と同様の誤解である。
 その認識の間違いは、既述したように、法を知らない人、法を理解できない人がやりがちな間違い
である。基本的な素朴な間違いである。基本的で素朴であるが故に、なかなか頑固な間違いであり、
厄介である。
 尤も、法が具体的な権力関係の表現であり、人間関係の表現であるという基本的な認識さえあれ
ば、ただちに、その迷妄から脱することができる筈であることも述べた。実際、その分析をより深くす
るために、権力関係や人間関係の典型をめぐる理論化が、歴史を経てなされてきている。
 当然のことながら、法は法だけで存在しえない。多くの条件のもとで成立する。つまり、日本統治時
代台湾法とするのは、その時代の台湾社会の法なのであって、それ以外のもの、例えば日本の法な
どでは無いのである。
 植民地法という言い方をする場合がある。その表現は、その地が日本に支配されていた社会の法
であると言うのにすぎないのであり、またそのような事実に自覚的であるということの表現であれば、
その言い方により生じる問題は少ないと思われる。しかし、植民地法といえば、植民地宗主国から見
た、その地の法律ということになる。具体的にいえば、日本法の台湾地域版と刻印されかねない。実
際に、台湾や朝鮮における法が、しばしば、その実態というよりは、日本国家の帝国主義イデオロギ
ーの発露的表現をみるといった思いでなされることある*。そのような発想は、空疎な大東亜共栄圏
世界イデオロギーを前提とするものであることにより、戦前日本の帝国主義的侵略の実態自体をも
見損なっていることことになる。
 そのような大東亜帝国世界観からは、そもそも研究自体が覚束ない。具体的に社会の現実にせま
ることからしか、時代と社会の問題、私たちが認識しなければならない人々の足跡を見いだすことは
できない。同時に、そのことは侵略と支配の実態も見失うことになる。

* 浅野豊美・松田利彦編『植民地帝国日本の法的構造』(信山社、2004年3月)、同編『植民地帝国日本の法的展開』
 (信山社、2004年6月)は、タイトルからして奇妙である。「帝国」というのは、単なる「大日本帝国」という国名というのでは
 なく、歴史的に帝国主義ということを念頭に置いているはずだから、植民地と帝国は不可分であると考える。そのことの自
 覚がないから、逆に、台湾や朝鮮の実態に理解が及ばず、おおざっぱなイデオロギーのネットを被せたようになっている。
 具体的な、その地の状態を、「植民地帝国日本の法的構造」とか「法的展開」の1パートとして組み込んでいる。
  例えば、その『植民地帝国日本の法的構造』には、洪郁如「植民地の法と慣習 -台湾社会の女児取引をめぐる諸問題」
 として台湾の「養女・媳婦仔・査()某(媒)嫺」と人身売買、売春の問題を論じている。洪は、清朝政府の対応から、臺湾
 總督府の対応も論じている。これを、帝国日本の法構造の一貫として纏め上げるのか。日本統治時代の台湾における問題
 として論じる必要はある。 しかし、帝国日本の法的構造に、それが成るのか、清朝政府も苦慮した問題なのである。
  これは、大東亜帝国法理解というものが奇妙であるという一例である。



 もとより、台湾自体、日本軍が上陸するまでに、他地域から多くの人々が移住しており、占領支配
をも受けてきている。日本軍上陸は、下関講和条約において、台湾が清から日本へ割譲されたから
であるが、それまで、中国語が充分で無い地域もあったとしても台湾は清の領土だったのである。
 日本軍上陸後、旧慣調査会が組織され、織田萬が代表者になる『清国行政法』(全六巻)と、岡松
参太郎による『台湾私法』という二つの代表的な報告書が知られている。これらは、後に台湾の法院
が法源となしうるに耐え得るものとして遺したものである*。従って、これらの述作は、台湾の法的実
態を相当に表している。近時みられる、東アジア諸地域についての研究の多くが、いくつかのものを
除いては、これらの明治の研究調査よりも、精度においても姿勢においても、後退している印象が
否めないのは、この東アジア世界帝国イデオロギーのせいであろう。

* しかし、『台湾私法』の場合、当然と言えば当然であるが、一部法的再構成があることは否めない。注意すべき
 ところである。


 1992(平成4)年8月、私が初めて台湾を訪れたのは、中京大学法学部教授石堂功卓氏を所長とす
る中京大学社会科学研究所の事業である、法学部教授檜山幸夫氏を団長とする台湾総督府文書
調査団に、松阪大学教授(当時)上野利三氏、名古屋ビジネス専門学校講師(当時)上野史朗氏の
紹介で参加したときである。
 研究調査対象は、主に日本人官僚によって作成された台湾総督府の文書であるが、台湾省文献
委員会(当時・現総統府文献館)で、そのほんの一部を見て戸惑った。それが日本の刑事手続きで
は想像できない「刑事登記」なる文書綴りだったからである。あきらかに日本の官庁においては見か
けない文書であり、さらには、その罪名が「匪徒」とされているのにも馴れなかった。「匪徒刑罰令」と
いう台湾の特別法による罪名であった。延々と続く処刑記録を前に、足下が浮く思いがした。それで
もこれは台湾総督府の記録として遺されているものなのである。
 当時の日本刑法には兇徒聚衆の罪というのがある。これは、後、騒擾罪となるものである。特別
法ではない。台湾では、刑法典における騒擾罪も匪徒刑罰令による犯罪も併存することになる。さら
には、謝碧連律師のご指摘のように、匪徒刑罰令に関連する特別手続法が公布施行されている。
 これらの特別法が存在することで、台湾刑事法は、日本の刑事法とは別の刑事法体系をなしてい
たのである。台湾省文献委員会(当時)において、檜山教授から、『總督府文書』簿冊番号第362号
に綴じてある明治32年律令第9号として制定されることになる「本島人及清国人の犯罪予審に関す
る件」の案文のある第6号文書の提示をうけたとき、いよいよ「台湾」法として取り組まねばならぬと
実感した。
 台湾においては、日本語が使用されながら、全く異なる刑事法体系があった。そうしてみると、当
然ながら、家族関係などは、日本統治になろうと、簡単に変更されるわけがない、と気が付いた。し
かし、財産法の分野では、祭祀公業という財産の存在が大きく、しかも、總督府法院では、よく争訟
になっていることの一つであることなどが分かってきた。
 そのように、私にとっては、手探りのような中から、台湾法史の研究をある程度、まとまった文章に
したのが、刊行がやや遅れた「日本統治時代前期の台湾刑事法」(『法学ジャーナル』74, 2003-10)
においてであった。
 その後、楊孝文さん、謝瑞龍台南地方法院法官、謝碧連律師から多くの御教示を賜ることができ
た。それにしては、研究は遅れて進まないが、現状や、その材料を掲示しておいて改めて進めること
にしたいと思った。(2012.12.30)
 

  ○日本統治時代前期の台湾刑事法 (『法学ジャーナル』 74, 1-54, 2003-10 )     
        Taiwan-criminal-law-1895-1922.pdf へのリンク

  ○台湾の地租改正

  ○日本統治時代台湾における身分法の問題

  ○祭祀公業の問題

  ○臺湾總督府法院覆審・高等法院の祭祀公業についての判決例
        precedents-about-family-property.pdf へのリンク

  ○臺湾總督府覆審・高等法院法院における身分法についての判決例
        precedents-about-family-law.pdf へのリンク

  ◎ 謝碧連律師にお聞きした台湾現代史と法
        lawyer-xie-interview.pdf へのリンク